夜になると 痒くなる

夜になると体中が痒くなる!まさかそれが原因とは知らなかった!

 

痒い痒い痒いぃ〜!

 

 

 

 

痒くて眠れない


 

 

 

どうしたんじゃい?
みさきちゃん


 

 

 

あ、潤井(うるおい)博士!


 

 

 

なんだか困っとる様子じゃが


 

 

 

今から寝ようとしてるのに腕とかスネとか、体中が痒くて眠れないの


 

 

 

どれどれ?ちょっと腕を見せてごらん


 

 

 

んん〜


 

 

 

どうしたの?


 

 

 

これはいつ頃からなんじゃい?


 

 

 

今までこんなことなかったんだけど、
最近になってお風呂上りから夜になるとだんだん痒くなるようになって


 

 

 

これはあれじゃな、「皮脂欠乏症湿疹」じゃよ


 

 

 

ひしけつぼうしょうしっしん?


 

 

 

そう、乾燥性皮膚炎とも呼ばれておる


 

 

 

えっ!乾燥!?


 

 

どうやら私のこの夜になると痒くなる原因は乾燥からくるもののようです。

 

以前まではそんなことはありませんでしたが、最初は肘から痒くなりだしました。

 

その痒みは日がたつにつれて、どんどん広がり、今では腕やスネ、肩や背中まで広がっていきました。

 

その痒さもお風呂上りから夜寝るまでにどんどん強くなり、布団に入っても寝付けないほど痒くなるのです。

 

掻きむしってしまうので腕やスネが赤く腫れあがってしまいます。

 

 

 

このままにしておくとどんどん悪化してしまうぞ


 

 

 

博士、どうしたらいいの?


 

 

 

よし!じゃあワシと一緒に痒くなる原因とその対策を見ていこう!


 

 

夜になると痒くなる原因と対策を見る

ここではこの夜になると痒くなる原因と対策について紹介していきますので、私と同じような痒みで困っている方は、よかったら参考にしてみてください。

 

夜になると痒くなる原因

 

なぜ夜になると痒くなるの?

博士ぇ、乾燥が原因ていうのはなんとなくはわかるんだけど

それがどうして夜になるとかゆくなるのと関係があるの?
もしそれが理由なら夜だけじゃなく1日中かゆくなると思うんだけど


 

 

うん、みさきちゃん、いいところに気が付いたね!
実は夜になるとかゆくなる原因の前提として肌の乾燥がきっかけになるんじゃ


 

 

 

きっかけ?


 

 

 

まずはその肌の乾燥について話そう


 

 

人の体が痒くなる湿疹にはいろいろ種類があります。

 

汗が刺激となって皮膚を炎症させて痒くなる「あせも」や、細菌やウイルスに感染してその免疫反応で痒くなる「中毒疹」、そして中毒疹の中でも薬が合わなくてアレルギー反応で起こる「薬疹」など。

 

そしてもう1つ。

 

皮膚表面の皮脂が少なくなり、お肌の潤い機能が弱まることで水分量が減ってしまい、皮膚が弱く過敏になって炎症などを起こしてしまう「皮脂欠乏症湿疹」

 

皮脂欠乏症湿疹は乾燥性皮膚炎とも呼ばれ、夜になると体が痒くなる原因のほとんどが、このお肌の乾燥からくるものです。

 

人の皮膚の潤い機能は年齢と共に低下してくることによって、乾燥しやすくなります。

 

特に女性の場合は、女性ホルモンのバランスが乱れることによってお肌が乾燥しやすくなるのです。

 

なぜ夜になると痒くなるの?

そっかぁ、だから今まで何もなかったのに年々乾燥しやすくなっていってるからなのね

 

で、どうしてそれで夜から痒くなるのか知りたい


夜になると痒くなる原因その1|ボディソープ

 

 

 

みさきちゃんは確かお風呂上りから夜になると痒くなると言っておったね


 

 

 

え?うん


 

 

夜になると乾燥肌に痒みをもたらす原因の多くは入浴時の中にあります。

 

その1つがボディソープです。

 

ボディソープの多くは、合成界面活性剤を成分とするものがほとんどです。

 

この合成界面活性剤はとても洗浄力が強く、お肌の汚れだけではなく、必要な皮脂までも洗い流してしまいます。

 

乾燥しやすくなっているお肌にボディソープを使いすぎることで、余計に乾燥が進むことになります。

 

また、刺激の強い成分は、荒れてお肌が過敏に反応して炎症することもあります。

 

 

確かに合成界面活性剤が成分のボディソープを使ってるわ


 

夜になると痒くなる原因その2|刺激の強いタオル

 

 

 

みさきちゃんは体を洗うときナイロンのキメの粗いタオルとか使っとりゃせんか?


 

 

 

あ、使っちゃってる!


 

洗浄力の強いボディソープもそうですが、刺激の強いタオルでゴシゴシ洗い過ぎもよくありません。

 

痒いからといってついきつく擦ってしまうと、皮膚の表面を傷つけてしまって、お肌のターンオーバーを早めてしまいます。

 

ターンオーバーが早まるとお肌の潤い機能も低下してしまいます。

 

夜になると痒くなる原因その3|お湯の温度

 

 

 

熱いお湯も厳禁じゃぞ!


 

 

 

えぇ〜!冬とか寒くなると温度を上げてしまってる!


 

熱いお湯のシャワーで体を流したり湯船に浸かったりすることで、皮脂が溶けて流されてしまいます。

 

熱いお湯は乾燥肌になりやすい

ワシも熱いお湯が好きじゃからついつい温度を高めに設定してしまうが、乾燥しやすくなった肌にはよくないんじゃ

 

夜になると痒くなる原因その4|長い入浴時間

 

 

 

ワシもよくやってしまうが長風呂もいかんのじゃ


 

 

 

湯船に浸かってる時間が幸せなんだけどなぁ


 

確かに、あったかいお風呂に浸かっている時間がとても気持ちよくて幸せですよね。

 

けど、その入浴時間が長くなることによって皮脂も奪われてしまうことになります。

 

夜になると痒くなる原因その5|バスタオル

 

入浴後にバスタオルでゴシゴシ拭いてしまうこともお肌にはよくありません。

 

こうしてみると、入浴時にお肌の乾燥を進めてしまうことがたくさんあります。

 

入浴後しばらくはお肌は潤っていますが、その潤いを保つための皮脂がほとんど流されたり皮膚表面が荒れていますので、保湿機能がほとんど働かずどんどん乾燥していきます。

 

つまり、1日のうちで入浴後から夜遅くにかけてが、お肌が乾燥がピークに達することになるのです。

 

その結果、乾燥による炎症を起こしてしまい、肘やスネ、肩、腰、太ももなど体中のいたるところが痒くなるのです。

 

乾燥で痒みを悪化させないために

今は夜になると痒くなるだけじゃが、このままなにも対策しないで同じことを続けておると、悪化する一方じゃ!

そうなると日中でも一日中全身が痒くなってしまうことになる!

 

痒くなるのを防ぐ対策

 

 

博士!一日中痒くなってしまうのはイヤだわ
具体的にどうすれば予防できるの?


 

 

ボディソープから固形石鹸に変えてみる

 

ボディソープは洗浄力が強いので、固形石鹸に変えてみるのも一つです。

 

汚れはちゃんと落としてくれるし、潤いを保つための必要な皮脂も残ります。

 

固形石鹸でも一般的なもがよいです。

 

どうしてもボディソープでないとイヤだって方は、お肌に刺激が少ないアミノ酸系のボディソープをおすすめします。

 

また必要以上に荒い過ぎないように、乾燥している部分は強く擦らずサッと洗う程度にしておきましょう。

 

タオルはお肌に優しいものを使う

 

ナイロンの刺激の強いタオルではなく、お肌に優しい素材のタオルを使用しましょう。

 

注意しないといけないのは、お肌に刺激をできるだけ与えないということです。

 

乾燥が進んでいるお肌に傷をつけてしまうと、炎症を起こしたりより乾燥を進めてしまうことになります。

 

痒くなる原因でもありますから洗うときは注意してくださいね。

 

直接手で洗うのもOK

乾燥やお肌の荒れがひどい場所はタオルを使わず手で直接洗うのもいいですよ

お湯の温度はぬるめに設定

 

お肌の皮脂を洗い流さないためにも、シャワーや湯船のお湯の温度はぬるめに設定しましょう。

 

お湯の温度は39℃から40℃くらいのぬるめが目安。

 

寒いからと言ってお湯の温度を高くしたくなりますが、そんなときは入浴前にシャワーなどで浴室をあたためておくのもいいですよ。

 

入浴時間は短めに

 

熱いお湯の温度と同じく長く湯船に浸かっていると、お肌に必要な皮脂が溶けて流されてしまいます。

 

保湿機能が奪われることになるので、長く浸かるのではなくできれば15分以内に湯船から上がるようにしましょう。

 

バスタオルは体の水気を吸い取るように

 

入浴後のバスタオルの使用にも注意が必要です。

 

ゴシゴシと擦って拭くことによってお肌を傷つけることになります。

 

体の水気を吸い取るように優しくポンポンと当てながらがポイントです。

 

下着など衣類は綿製品を着用

 

衣類は保湿性の高い木綿素材のものを着用しましょう。

 

ナイロンやアクリルなどの化学繊維でできた衣類は、皮膚の水分を奪うのでお肌が乾燥しやすくなります。

 

化学繊維の衣類を着用する場合は、できるだけ直接お肌に触れないよう肌着などの下着は木綿素材のものを着用しましょう。

 

乾燥しないようにお部屋の湿度を管理

 

乾燥した室内では、皮膚から水分が蒸発してしまいお肌の乾燥も進んでしまいます。

 

加湿器などで湿度管理をしましょう。

 

お肌に最適な湿度は60%前後

 

乾燥しやすい冬場だけではなく、冷房をしようする夏場も加湿器などを使用して、お部屋の乾燥を防ぎましょう。

 

加湿器がない場合は

加湿器がない場合は、ボウルに水を張っておくだけでも室内の乾燥を防ぐことができるんじゃよ

 

保湿液やボディクリームなどでしっかり保湿

 

入浴後はお肌の潤いを保つための皮脂が少なくなっている状態です。

 

就寝までのあいだにどんどん皮膚から水分が蒸発していきます。

 

乾燥を防ぐためにも保湿液やボディクリームなどで、全身の保湿ケアをしっかりしましょう。

 

痒みを大幅に軽減

入浴後にこれらの保湿対策をするだけで、夜になると痒くなるのを大幅に防ぐことができるんじゃよ

 

おすすめのスキンケア

 

 

博士ぇ!


 

 

 

どうしたんじゃい、みさきちゃん


 

 

他にも方法は?

私はもうお肌が過敏になりすぎて、保湿液やボディクリームがしみて余計に痒くなるの

 

それに全身だから塗るのも時間がかかって大変だし、背中とか届きにくくてちゃんと塗れなかったりするから使うのを避けてるの

 

他になにかいい方法はない?

 

 

 

それなら飲むスキンケアサプリなんかがおすすめじゃよ!
飲むだけで簡単じゃし全身の潤いをカバーしてくれおる


 

 

ということで私は、スキンケアサイトなどの口コミを参考にして見つけたのが、こちらの飲むスキンケアサプリです。

 

飲むスキンケア「オルビスディフェンセラ」

 

飲む次世代サプリ「オルビスディフェンセラ」です。

 

使い方は1日1回このスティック1包を飲むだけです。

 

それだけで体の内側から働いて、全身のお肌の水分を逃しにくくしてくれるんです。

 

これを飲むようになってから、お肌の調子もよくなってきました。

 

なんといってもうれしいのは、保湿ケアが時間をかけず楽になったことです。

 

今までお風呂上りに全身にボディクリームを塗っていたりしていたこともありましたが、このディフェンセラだと、いつでもどこでも、水なしでもすぐに飲むことができます。

 

使う分だけ持ち運べばいいので、いつもカバンに1包しのばせています。

 

私のお気に入りで今では手放せません。

 

 

 

  1. 1日1回飲むだけの簡単スキンケア
  2. いつでもどこでもすぐ飲める
  3. 体全身の保湿ケアをしてくれる
  4. 背中などの手の届きにくい場所までらくらくカバー
  5. 爽やかな柑橘系の風味でおやつ感覚で続けられる

 

 

 

私と同じような理由で悩んでいる方にはとてもおすすめのスキンケアサプリです。

 

ただし次のような方にはあまり向いていないサプリだと思います。

 

 

  • 痒みを鎮める即効性を期待されている方
  • グレープフルーツのような柑橘系の味が苦手な方

 

 

けどそうでなければ、数ある保湿ケアの中でも私のイチオシのスキンケアです!

 

こちらからだと楽天やAmazonよりもお得に買えるようです。

 

ご興味がある方はよかったら一度試してみてください。

 

 

 

 

痒みのない穏やかな夜を過ごすために

 

夜になると痒くなるのは、乾燥したお肌が入浴によってさらに乾燥してしまうのが原因だということがわかりました。

 

お肌にとって正しい入浴の仕方をすることによって、それをできるだけ防ぐことができます。

 

私と同じように、夜になると体が痒くなるので寝付けなかったりして困っている方は、これらのことをよかったら参考にしてみてください。

 

 

  • ボディソープから固形石鹸に変えてみる
  • お肌に木綿のタオルに変えてみる
  • お湯の温度は39℃から40℃のぬるめで
  • 入浴時間は15分以内に
  • バスタオルは体の水気を吸い取るようにポンポンと
  • 下着などの衣類は木綿製品を着用する
  • 乾燥しないようにお部屋の湿度は60%前後に
  • 保湿液やボディクリームなどでしっかり保湿
  • スキンケアサプリなどで乾燥対策

 

 

 

これらのことを意識して入浴することで、お肌の調子がずいぶん変わってきますよ!

 

 

 

 

それはそうと博士!


 

 

 

なんじゃ?みさきちゃん、まだ何か困っとるのかい?


 

 

 

なんでいつも就寝前の女子の部屋に入ってくるの?


 

 

 

こりゃ失礼!


 

 

 

痒みのない穏やかな夜をすごしましょう

お肌の痒みとさよならして、穏やかな夜を過ごしましょう!
page top